ふすまの張替え方法

風呂と淡いライト

ふすまの張替えは素人にはなかなか難しいものですが、コツを掴んで経験を重ねれば可能です。 まず、元の紙をきれいに剥がしましょう。そのまま破くと跡が残るので、たっぷりの水で濡らした雑巾を使って剥がします。 剥がし終わったら、そこに新しく紙を張るのですが、これには少し工夫が必要です。 まず平らなところに紙を広げて、刷毛でたっぷり水を付けましょう。次にその上からふすま自体を乗せて素早くひっくり返します。そしてふすまの中心から外に向けてシワを伸ばしていきます。この時タオルを使うと、ふすまを傷めずにシワを伸ばすことができるというメリットがあります。 最後に、一度乗せたふすま紙は決して剥がさないで下さい。 張替えは丁寧に慎重に行って下さいね。

DIYがブームになっている上に、オシャレでモダンなふすま紙が増えたことにより、自分でふすまの張替えをする人が増えてきました。そこで最近では、糊を使わずにアイロンで張替え可能なふすま紙がトレンドになってきています。 張替え方は、スチームアイロンを使い、温度を高温にして使ってください。 用意する道具は、スチームアイロン、引手クギ抜き、枠はがし、カッターナイフ、カット定規、金槌、釘締め、ノリバケ、などがあると便利です。 このふすま紙は板ぶすまに最適ですが、枠がはずれる本ふすまでも、枠をはずさずに張替えることができます。 自分でリフォームしてみることで、ただの和室からオリジナリティー溢れるお部屋してみてはいかがでしょうか。